2008年6月12日木曜日

1-02 iPhone Development Tools Overview.m4v

ビデオのメモ

Xcodeの解説です。1-01のプロジェクト作成がデモンストレーションされます。iPhone関連のプロジェクトはCocoa Touchの名前で呼ばれているようです。

Organizerでプロジェクト管理やiPhoneへのダウンロードなどを行う。コンソールやクラッシュログ、スクリーンショットなども提供されている。

次はXcodeがもつコーディング部分の解説です。コード管理ツールShapshotsやSCMの解説もしています。最新版ではさらに便利なっているようです。また、APIの解説が表示されるResearch Assistantも紹介されています。

Interface Builderは"COMING SOON"になっています(笑)

ビルドのデバッグでは、デバッグ情報が吹き出しがポップアップします。iPhoneシミュレータとデバッガを同期させてデバッグできます。ポップアップメニューでシミュレータとiPhoneを切り替えて検証できます。

パフォーマンス解析ツールとしてInstrumentsが提供されていて、Xcodeと連携して動作します。メモリやプロセッサの占有度をグラフィカルに表示します。Runメニューの"Start with Performance ToolからActivity MonitorやCPU Sampler、File Activity、Leaksなどを選択できます。

0 件のコメント: